にぎらないおにぎり「おにぎらず」

ここ数か月前から雑誌やテレビで何かと目にする「おにぎらず」。サンドイッチのごはん版?見た目はすごくきれいだけど作るのは難しそうと思いましたが、詳しく調べてみると、ほんとににぎらないおにぎり、作り方も簡単でびっくりしました。こんなのお弁当に入れたら、作る側のお母さんも、食べる子供もうれしいだろうなと思います。運動会の忙しい朝だって、ご飯をおにぎらずにしたら、もう一品おかずも多く作れそうです。とってもかわいい「おにぎらず」。まずはどんな具で作ろうかなと楽しみです。

高級缶詰で週末はプチ贅沢な家飲みを

近頃はスーパーで「ちょっとだけ高級」な缶詰を見かけるようになりました。おつまみとして、お酒のコーナーの隅に置いてあります。値段は500円前後で「缶詰にしてはちょっと高いんじゃないの」と思ってしまいますが、けっこう売れているようです。牡蠣や厚切りベーコンなどのちょっとだけ贅沢な食材を使った、お店で食べるような洒落たおつまみが手軽に楽しめます。外に飲みに行くよりは安上がりですし、週末の夜は高級缶詰でゆっくりと家飲みを楽しんでみてはいかがでしょうか。

熊の扱いは気を付けましょう

“三重県の山中で捕獲した熊が滋賀県の山中に放されて、後に岐阜県の山中に迷い混んだという騒動が問題になっていますが、熊を捕獲した時点で人に近づけないようにするのが、安全上適切な方法だと思います。
しかし、動物を保護する条例などから、安易に殺処分出来ず、やむを得ず山中に放しているのも事実で、更にその条例も県ごとに異なっているため、熊の対処方法は、見つかった県での裁量に委ねざるを得ないのです。
条例は県単位で決めるもので、動物を保護するという考えは解りますが、人的被害が出てからでは遅いので、危険な動物はきちんと対処できる体制を早急に整えるべきだと思います。”

空の日

三連休の10月12日は空の日でしたね。
国土交通省が航空に対する理解と関心を高めるために定めた記念日だそうです。
民間航空再開40周年の1992年に設けられたみたいです。
厳密には9月20日から同20日~30日が空の旬間として全国の空港でイベントが行われるとのこと。
今では飛行機で色んな場所へ移動できるようになり遠出の旅が気軽に楽しめるようになりました。
国内国外問わず色んな景色や世界を見たいと思えば直ぐに行けるということです。
私も余裕ができたら旅に出掛けてみたいなと思う今日この頃です。”

exileの世代交代

 ここ最近、exileのリーダーであるパフォーマーのhiroさんが引退した。これからもexileは存続すると思う。また、弟分であるJSBやE-GARLSもexileのように一人立ちするかもしれない。HIROさんも世代交代の時期がわかっていたのかもしれない。私自身19人になったexileは誰がどこに踊っているかわからない。ただ一つ言えるのは様々な組み合わせでダンスのフォーメーションが生まれる。これからのEXILEが楽しみだ。

コンビニの100円コーヒー、美味しいよ

私はよく、コンビニを利用します。100円コーヒーの存在は知っていたのですが、つい最近まで飲んだことはありませんでした。それが、あることがきっかけで(何がきっかけかは忘れてしまいした)飲むことになりました。そしたら、美味しいのなんの。もちろんインスタントではなく、ドリップしたてです。色んなコンビニの100円コーヒーがあって、多少美味しさの違いは感じますが、どれも美味しいです。朝の一杯と、仕事が終わってからの一杯は最高です。

立川まんがぱーく

へー、こんなのがあるんだ・・。
と、喜んだのがこれです、「立川まんがぱーく」。
一見、図書館ですが有料の漫画専門図書館といえば
解りやすいでしょう。
小さい子向けの絵本から大人が読む
あるいはお父さんがまだ小さかった頃読んでいた懐かしい漫画まで
沢山の本をそろえてあります。
漫画喫茶などのお店とは違い
こちらはとても広いスペースで畳の上に
寝転んで漫画をみるなんてことも可能なんです。
食べ物もあるようですよ。
私の町にもこんなのがあったら本当に良いと思います。

40代半ばのファッションって難しい

私は40代半ばですが、どんなファッションをしたらいいのか悩んでいます。参考にしようと同年代の方のファッションブログを見てみると、いろいろ盛って頑張っていたり、こなれ感というゆるさまで計算してやってエラいなあと思う一方で、そんな見え見えの演出を自分がするのはとても気恥ずかしく、結局自然素材のゆったりとした流行とは一線を置いたスタイルになってしまいます。女を捨てたスタイルと言われてしまえばそうなんですが、周りからはまだ早いと言われるんですよね。悩ましいです。

嫁って立場が弱い

嫁って立場が弱いですよね。私の気が小さいだけなのか…。姑さんに言われっぱなしでして。結婚したのが21歳だったのですが、高卒で結婚するまで正社員で働いていた私。資格はと言うもの高校生がとるような資格しか持っておらず。それを姑さんに何度も。分かってるはずなのに言われ続けまして…。「あなた資格持ってないの?」私「高校生がとるようなのはありますけど」に姑「だからそんな資格じゃなくて国家資格じゃないと。だめよねー。」どう思いますか?私はモヤモヤしましたよ。その後、主人の友人の友達の嫁さんの職業を聞いてきて、看護婦さんだったりするのですが、「お嫁さんは何か資格があるの?」「看護婦さんですよ。」と私に「一番良いわよね」…。この会話何度もありました。私に遠まわしに資格のある嫁が良かったのかを言ってるようで…。いつか強くなるスイッチが入って思いっきり言い返したい。と心の中で思うのでした。

ドクターX視聴率

米倉涼子(39)主演のテレビ朝日「ドクターX」の
視聴率が凄い。
毎回20パーセントを超えている。
かなり思い切ったセリフがポンポン飛び出してくる。
前回も「医者が勝ってどうすんの?患者が勝たなきゃ、意味ねえダロー」
なんてセリフがあったが実に小気味良い。
そうだそうだとファンに受けるのだろう。
ただ、この人気ドラマ、面白いのだがすぐに終了してしまう。
脚本を用意するのが大変なのだと思う。
つまらなくなる前に切り替える必要があるということなのだろう。